[活動紹介] 小樽・ 後志支部 歯科保険講習会

投稿日時 2018-07-23 | カテゴリ: 活動の紹介

活動紹介


診療報酬改定の要点を解説

小樽・ 後志支部 歯科保険講習会

 

説明する芦田副部長

  6月30日、小樽市において小樽・後志支部主催の「歯科保険講習会」が開催された。本会歯科部より三浦歯科部長と芦田副部長が講師を務め、今次改定の要点を再検証した。
 三浦部長は「4月の診療報酬改定以後、疑義解釈が次々出され、本会の新聞・HP等で逐一お知らせしてきた。本日の講習会では、その後の内容を含め解説させていただきたい」と挨拶した。続いて、事務局より本会の共済制度の紹介を行い、各種制度のメリットを詳しく説明し新規加入や増口をお願いした。
 講習会では、芦田副部長が「平成30年診療報酬改定の要点」をテーマに、今次改定の概要に関し発出された疑義解釈を交えながら説明を行った。
 基本診療料では新設された施設基準の届出等の留意点について、医学管理料では新たに加わった歯科疾患管理料の3つの加算(小児口腔機能管理加算、口腔機能管理加算、総合医療管理加算)について算定の留意点を詳説した。また、歯周病安定期治療を行う上の留意点、歯周治療用装置を用いた治療の進め方等について解説した。最後に在宅医療における算定要件の見直し、訪問歯科衛生指導料に新たに導入された単一建物診療患者の考え方について解説した。
 参加者からは多くの質問があり「診療報酬改定後の疑問点がよく理解できた」「不安が解消された」などの意見が寄せられた。

 

 

 

 






北海道保険医会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://h-hokenikai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://h-hokenikai.com/modules/news1/index.php?page=article&storyid=543