今後の日本の医療制度を概観

投稿日時 2018-03-05 | カテゴリ: 私たちの主張

公開医政講演会 今後の日本の医療制度を外観

 公開医政講演会を2月 17日、エムスリー株式会社 m3.com 編集部編集長橋本佳子氏を講師に迎え「爍横娃械鞠〞医療の行方を占う〜2018年度診療報酬改定を踏まえて」をテーマに開催し、道内各地より多数が参加した。

 佐々木広報部長の司会のもと、はじめに加藤会長より「医療制度という大きな流れの中、我々保険医は『2025年問題』さらにはその先の『2035年問題』を見据え対応していかなければならない。本日の講演がその参考になれば幸いである」と挨拶があった。

 引き続き行われた講演で橋本氏は、昨今の医療制度改革の背景や遠隔診療をはじめとする今次診療報酬改定について概説。さらに、今回のトリプル改定から見える日本の医療制度の将来を見通すための着眼点等について解説した。

 講演後に行われた質疑応答では、参加者から「遠隔診療について、自由診療も含めて議論を進めるとしているが具体的には」「医療界ではかかりつけ医制度を推進するとしているが、患者のフリーアクセスを阻害するのでは」「現在の医療制度を存続させていくために必要な変革や改善点は」等の質問が寄せられ、大変盛況だった。






北海道保険医会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://h-hokenikai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://h-hokenikai.com/modules/news1/index.php?page=article&storyid=510