歯科保健請求・審査等に関する講習会

投稿日時 2017-09-06 | カテゴリ: 活動の紹介

保健請求の疑問点を整理・検討

〜歯科保健請求・審査等に関する講習会〜

8月19日、「歯科保険請求・審査等に関する講習会」を札幌で開催し、全道各地から120名の会員が参加した。

 田辺隆歯科部副部長が講師を務め、「保険請求の根拠の整理検討会〜これって請求できるの?どうしてダメなの?」をテーマに、返戻や査定に関する日常の様々な疑問点について、解決の根拠、日常診療での留意点などを検討した。「行った治療行為については、委縮することなく、歯科点数表の解釈(通称・青本)に則って請求すること」が保険請求の原則として、請求の根拠について整理し、詳しく解説した。

 はじめに、療養担当規則(第18条、第21条)について確認を行い、基本診療料では初診料についての考え方や算定の原則、医学管理では歯科疾患管理料の算定要件やう蝕多発傾向者に関する留意点等について説明。在宅医療では歯科訪問診療料・訪問歯科衛生指導料の記載事項について、注意点を挙げた。また、処置の算定ポイントを項目ごとに説明し、歯周治療におけるSPT(歯周病安定期治療)に関して詳しく解説。歯周治療用装置についても触れ、事例をもとに解説した。

 講習会終了後、参加者からは「毎年参加しているが、非常に勉強になり感謝している」「貴重な情報をわかりやすく説明していただき、毎回楽しみにしている」「次回も是非参加したい」等の感想が寄せられ大変好評だった。






北海道保険医会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://h-hokenikai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://h-hokenikai.com/modules/news1/index.php?page=article&storyid=478