会長あいさつ
私たちの主張
医療運動
報道関連
共済制度
入会案内
リンク
ご意見・お問い合わせ

北海道保険医会事務局

〒060−0042
札幌市中央区大通西6丁目
6番地 北海道医師会館3階
TEL(011)231−6281
FAX(011)231−6283

 アクセスマップ


Adobe Flash Playerはこちらからダウンロードしていただけます


Adobe Readerはこちらからダウンロードいただけます

アクセスカウンタ

今日 : 59
昨日 : 90
今週 : 456
今月 : 1495
総計 : 1058135
平均 : 356
私たちの主張
私たちの主張 : [私たちの主張] これ以上の診療報酬、介護報酬マイナス改定を許すな

これ以上の診療報酬、介護報酬マイナス改定を許すな

 

 厚生労働省は2016年度の概算医療費が前年度比約2000億円少ない41・3兆円になったと公表した。昨年まで概算医療費は増加を続けていたが、14年ぶりに減少。厚労省は16年度の診療報酬改定のほか、高額のC型肝炎治療薬ソバルディ、ハーボニーの薬価引き下げの影響が大きいと説明している。
 実際にこれらの薬を含む薬剤費は前年度比1432億円減少している。
 福祉医療機構の16年度経営分析参考指標によると、一般病院の医業利益率は16年度には前年比0・7ポイント減の0・4%、療養型病院でも1ポイント減の4・6%と減少し、診療報酬のマイナス改定による病院の経営状態の厳しさが顕著となっていた。
 社会保障費の自然増抑制は13年度から5年間の累計が1兆4600億円に上り、16年度は診療報酬マイナス改定により1500億円圧縮された。さらに来年度も自然増6300億円を5000億円に抑制し、1300億円を削減する方針だ。
 財務省は社会保障費抑制のポイントとして、75歳以上の医療費の窓口負担を1割から2割に引き上げる、低所得でも資産が豊富な高齢者は医療・介護の負担を増やす、18年度診療報酬2%以上のマイナス改定、かつ診療報酬本体の引き下げ、介護報酬のマイナス改定などを求めている。
 今回の衆議院選挙では自民党が大勝。安倍首相は「同じ総裁で3回連続勝利したのは結党以来初めて」と政権運営に自信を見せ、安倍一強時代が続くこととなった。そして消費税の使い道を子育て世代、子供たちに大胆に投資、変革することで「全世代型社会保障」へ大きく変革すると訴えている。来年度の社会保障費自然増の5000億円の中には「全世代型社会保障」への改革費用も含まれる可能性があり、そのしわ寄せが診療報酬、介護報酬の削減などに回れば、大幅なマイナス改定を強いられる可能性もある。
 医療、介護崩壊を招かないためには、これ以上の診療報酬、介護報酬のマイナス改定を許してはいけない。


印刷用ページ