会長あいさつ
私たちの主張
医療運動
報道関連
共済制度
入会案内
リンク
ご意見・お問い合わせ

北海道保険医会事務局

〒060−0042
札幌市中央区大通西6丁目
6番地 北海道医師会館3階
TEL(011)231−6281
FAX(011)231−6283

 アクセスマップ


Adobe Flash Playerはこちらからダウンロードしていただけます


Adobe Readerはこちらからダウンロードいただけます

アクセスカウンタ

今日 : 96
昨日 : 130
今週 : 96
今月 : 2699
総計 : 1041656
平均 : 368
私たちの主張
私たちの主張 : 新体制で活動推進を

新体制で活動推進を

 5月27日、北海道保険医会の第5回代議員総会が開催され、新役員として理事候補者34名と監事候補者3名が選ばれた。新会長と4名の副会長および顧問が理事会に推薦された。そして5月30日に開かれた臨時理事会で、加藤康夫会長が率いる新体制がスタートした。
 一般社団法人北海道保険医会は、昭和25年12月「国民の健康を守るため保険医療の改善を期し、併せて保険医の生活安定を実現する」ことを目的に結成された。現在全道に18の支部が組織され、3,300名の医科・歯科の保険医により医科・歯科一体の活動が展開されている。法人格を取得して4年目となる今年、本会は運動強化と組織拡大が問われる重要な時期を迎えている。
 活動方針の具体化としては(1)医療制度改善に向けた運動を進めること。「いつでも、どこでも、だれでも」が安心して保険証一枚で受診できる医療を目指して活動していく。国民皆保険制度を守り、患者負担増計画の阻止に向けた運動に取り組む。「子どもの貧困」や保育所の不足が叫ばれている中で、今後は国が中心となって子どもの医療費助成を支援する体制を確立させるとともに、中学までの無料化制度の早期創設を求めて国や自治体への働き掛けを続ける(2)医業経営をサポートする諸活動。消費税の増税阻止とゼロ税率の適用を求めて運動する。医業経営に役立つ各種研修会を開催する。平成30年度診療報酬・介護報酬の同時改定に際し、検討会や講習会などを通じ会員へ迅速かつ正確な情報を提供し、懇切丁寧に相談に応じる(3)組織拡大と共済制度の普及。休業保障共済保険、保険医年金、団体定期保険の三大共済制度の加入拡大に努め組織拡大にもつなげる。会員のメリットとなる実務セミナーやスポーツ・レクリエーション行事を充実させる。
 会務執行体制の強化と健全財政の維持、また各種関係団体との連携や交流を図ることは重要である。
 新体制の下にすべての会員が結集して更なる運動の強化を目指したい。


印刷用ページ