会長あいさつ
私たちの主張
医療運動
報道関連
共済制度
入会案内
リンク
ご意見・お問い合わせ

北海道保険医会事務局

〒060−0042
札幌市中央区大通西6丁目
6番地 北海道医師会館3階
TEL(011)231−6281
FAX(011)231−6283

 アクセスマップ


Adobe Flash Playerはこちらからダウンロードしていただけます


Adobe Readerはこちらからダウンロードいただけます

アクセスカウンタ

今日 : 100
昨日 : 141
今週 : 616
今月 : 2161
総計 : 1051846
平均 : 360
トップ  >  活動方針  >  広報部活動報告
広報部

 広報部は、担当理事会を全22回開催し、北海道保険医新聞の発行、ニュースレターの配信、ホームページの内容充実に日々努め、その他の各種事業について活動を行った。

 

1.北海道保険医新聞

・医療情勢に関するニュース、医療政策に対する本会の主張や解説記事、講演要旨、各種事業報告を迅速に伝えた。支部報告、読者のひろばでは会員の身近な話題が反映される紙面作りを心掛けた。支部だよりでは各地域での活動状況や特色等を掲載した。「会員訪問」では札幌支部、函館地区支部、釧路地区支部、帯広・十勝支部、小樽・後志支部、苫小牧支部、未組織地区(苫小牧市)の会員に対して取材を行い、会員の生の声を掲載した。さらにシリーズとして北海道医療大学薬学部薬用植物園・北方系生態観察園担当准教授 堀田清氏に原稿を依頼し、「漢方の説く病気予防」と題して、漢方について5回にわたり連載を行った。保険診療研究を掲載し、日常診療の一助とした。

 ・機関紙として果たすべき役割・目的を再検討するため、読者モニター(15支部、23人)を実施し、企画・紙面構成など北海道保険医新聞に対する率直な意見を頂いた。

  ・組織・事業部と協力して組織拡大号を企画・発行し、新規会員獲得に努めた。(定期発行数22回、各4,000部)

 

 2.ニュースレター

 希望する会員に最新医療情報、お知らせ、ホームページ更新案内、保険医会の動きなどを週2回Eメールで配信し、迅速な情報提供を行った。(配信回数99回、利用者848人)。

 

 3.ホームページ

 一般向けに本会の主張や活動内容、医療を取り巻く情報を発信し、会員のページでは診療報酬改定等の情報の迅速な発信を行うとともに、会員相互のコミュニティー形成を促した。

 

4.保団連との連携

・保団連新聞部会に2回出席し、編集に協力した。また、全国保険医新聞「羅針盤」を担当理事が3回執筆した。

・保団連機関紙誌担当者交流集会に出席し、他協会と交流を図るとともに、出版・編集に関わる種々の情報を取り入れ、北海道保険医新聞の編集に役立てた。

プリンタ用画面