会長あいさつ
私たちの主張
医療運動
報道関連
共済制度
入会案内
リンク
ご意見・お問い合わせ

北海道保険医会事務局

〒060−0042
札幌市中央区大通西6丁目
6番地 北海道医師会館3階
TEL(011)231−6281
FAX(011)231−6283

 アクセスマップ


Adobe Flash Playerはこちらからダウンロードしていただけます


Adobe Readerはこちらからダウンロードいただけます

アクセスカウンタ

今日 :
昨日 : 173
今週 : 610
今月 : 3523
総計 : 1029361
平均 : 375
トップ  >  活動方針  >  総務部

 

総務部

 

 総会方針、理事会決定に基づいて、本会運営の基本的姿勢を堅持する。

 任意団体北海道保険医会の64年におよぶ足跡を踏襲しつつ、新たな活動の展開を図るとともに会員の要望に応え、信頼される組織づくりを推進する。

 また、医科歯科一体の活動を一層効果的に展開するため、医科歯科連携推進委員会を設置して検討を図る。

 前民主党政権が瓦解し、政権復活した自民党中心の連立政権は、第2次安倍内閣を擁立してデフレ脱却を旗頭に経済優先の政策で、就任から1年を過ぎても高い支持率を維持している。しかし、安倍首相はこの間、民意を無視したTPP交渉や特定秘密保護法、辺野古移設など国民に大きな負担となる問題を強行に推し進めている。また、大きな国政選挙のない向こう3年間は、安倍首相による一層の独断、先行が予想され、弱者切り捨てや国民の生活と健康を脅かす悪政に対し反対運動を強める。

 組織内外の活動を活発化し積極的に推進するために、均衡の取れた予算編成と健全な運営を図り、会員サービスの向上に努める。

 政府・自民党の医療、介護をはじめとする社会保障政策に対して、保団連をはじめ関係諸団体との緊密な情報交換が更に重要となる。情報収集、交換のシステムを充実して、迅速で正確な情報を会員に提供していくための体制を充実する。

1、組織拡大と質的強化

2、医科歯科一体の組織形成と活動に関する検証と今後への提言、各部活動企画の調整

3、事務局機能の強化

 (1)会員サービス向上のための事務処理機能の合理化と改善
 (2)職能および意識向上のため、研修・研究会等による人材の育成

4、対外活動の展開

 (1)保団連との連携の強化
 (2)医師会、歯科医師会との協調と共同
 (3)道民、諸団体、行政へのアピール

プリンタ用画面